MOMIJIオンラインショップが新規開店!

大人気の唐揚げを鹿肉で!鹿唐揚げのレシピをご紹介します。

RSS
大人気の唐揚げを鹿肉で!鹿唐揚げのレシピをご紹介します。

こんにちは。子供から大人まで、大人気の唐揚げ!今回は鹿肉を使った唐揚げのレシピを紹介します。下処理はもちろん、揚げる際のポイントなども紹介しておりますので、ぜひ読んでみてくださいね。


鹿唐揚げの材料

・鹿肉(モモ肉) 300g

・塩麹      200g

・マヨネーズ   大さじ1杯

・醤油      大さじ1杯

・生姜      少々

・ニンニク    少々

・片栗粉     大さじ3杯

・コーンスターチ 大さじ3杯

・サラダ油    800ml

・レモン     お好みで

・山椒      お好みで


今回は筋が少なく、揚げた際に固くなりにくいモモ肉を選択しました。煮込みにも焼きにも適した万能部位のモモ肉は、揚げてもバツグンの美味しさです。


鹿唐揚げの作り方を写真付きで解説!

写真を見ながら、調理手順を確認しましょう。


①鹿肉を一口大に切り、下処理をする。

まずは半解凍の鹿肉を一口大にカットします。生肉でももちろん大丈夫ですが、半解凍の鹿肉の方が切りやすいためおすすめです。臭みや固さの原因になる脂や筋は、出来るだけ取り除いておくとよいです。カットした鹿肉を塩麹に漬けてもみこみ、冷蔵庫で一晩寝かせてください。こうすることで下味をつけながら鹿肉を柔らかくすることができます。

 


②たれをもみこみ、下味をつける。

マヨネーズ、醤油、生姜、ニンニクを混ぜたたれに鹿肉を入れてもみこみます。マヨネーズには、お肉を柔らかくするだけでなく、鹿肉の臭いを消す効果もあるため、鹿唐揚げの下味の材料としておすすめです。全体をまんべんなくもみこんだら、冷蔵庫に15分程置いておきます。長時間放置しすぎると、水分が抜けて肉がパサパサしてしまうため、ご注意くださいね。


③衣をつけて揚げる。

冷蔵庫に入れて15分経ったら鹿肉を取り出して、衣をつけます。衣は片栗粉とコーンスターチ1:1の割合で混ぜ合わせてあげると、鹿肉のジューシーさと相性抜群なサクサクの食感になります。

鹿肉の表面に衣を振りかけた後、握るようにして衣をつけてから揚げると、はがれにくくなります。

衣をつけたら、150℃で5分揚げた後、一度油から取り出して5分程おいて中まで熱を通し、最後に180℃で1分揚げます。こうすることで、中心まで熱を通すと同時に表面をカリっと仕上げることができます。

表面がこんがりキツネ色になったら、油から取り出して表面の油をキッチンペーパーでふき取りましょう。お皿に盛り漬けたら完成です!

 

地元大槌でも大人気の【鹿肉串カツ】レシピ!

同じ下処理の方法で、串カツを作ることができるので併せて紹介します。出店やキッチンカー等で人気の串カツをぜひご家庭でも作ってみてくださいね。


鹿肉串カツの材料

・鹿肉(モモ肉) 200g

・タマネギ    1個

・塩コショウ   少々

・卵       2個

・パン粉     大さじ3杯

・サラダ油    800ml


鹿肉串カツの作り方

下処理までは、唐揚げと同じです。一口大に切り、塩麹に一晩漬けこんでください。

①串を作る。

 下処理した鹿肉と、串切りしたタマネギを串にさして串を作ります。

②衣をつける。

 卵をといて、卵液を作り塩コショウを振ります。卵液に串をくぐらせたら、表面にパン粉をまぶします。

③揚げる

 160℃の油で7分程揚げたら完成です。


まとめ

今回は、鹿肉を使った揚げ物の調理方法を紹介しました。塩麹に一晩漬けこむことで、口当たりがよくなり、外はカリカリ、中はジューシーなおいしい唐揚げになります。揚げ物は中心温度の管理が難しいので、今回紹介したレシピを参考に、安心安全なジビエ料理を作ってみてくださいね。

 今回使ったモモ肉は、筋が少なく揚げ物にも適した万能部位です。

モモ肉はこちらよりお買い求めください。

モモ肉を見る

前の投稿

  • MOMIJIコラム編集部